ダイエット体験記 (17歳 女性)

心ないひとことで拒食症に

私は中3のころから体が太ってきて、高校生になってからは男の子たちから「ブタ」とか「デブ」とか呼ばれるようになってしまいました。

身長155センチで体重68キロでしたから、ある程度は何を言われてもしょうがないな、と我慢していました。

けれど、心でひそかに思っていたT君にまで体のことを言われたときは、本当に悲しくなって、落ち込んでしまいました。

それがきっかけで、どんどん食欲がなくなっていったのです。

それまでは、朝からケーキやシュークリームなどを2~3個ぺろりと食べていたのですが、そのうちに朝起きるのが嫌になり、学校もよくサボるようになってしまいました。

そんな生活が3か月くらい続いたでしょうか。

物を食べないわたしの体は面白いようにやせていったのです。

まずおなかの肉が落ち、太ももが細くなりました。そのころから疲れやすく、集中力もなくなり、親に何か言われても「うるさいなあ」しか言わなくなりました。

そんなある日、母親は私の顔を見て泣きながらこう言いました。

「鏡を見てごらんなさい。昔のかわいいあなたはどこに行ったの。

そんなガイコツのようなやつれた顔をしてないで、早く病院へ行きなさい!」

そして、わたしの入院生活が始まったのです。

病名は「中枢性摂食異常」。よい先生や友達に恵まれたおかげで、一か月で退院できました。

健康になってからは体重も55キロをキープしていて、今では1日3食、おいしくご飯を頂いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です