ダイエット体験記 (19歳 女性)

 

 

強すぎるやせ願望は死の危険も (ダイエット)

そのころ私は身長160センチ、体重54キロで、特に太っている、というほどではありませんでした。

けれども雑誌やテレビに出ているアイドル・タレントの細い体に憧れて、なんとか私もああいうふうにかわいくなりたい、と思ったのです。

「やせよう」と決意してからは、普通のダイエットじゃなまぬるいと思い、自己流の食事制限をはじめました。

朝、昼はカッテージチーズにオレンジ1切れ。

夕食にはキャベツともやしをゆでてちょっとだけ塩をかけた野菜サラダ。

お腹がすいて我慢が出来ない時は、リンゴをかじったり、ウーロン茶を飲んだりしていました。

そんな食生活を続けていたところ、体重は50キロを割ってしまいました。

友達から「やせたわねえ。どこか悪いんじゃない?」と言われても、「嫉妬してるんだわ」と思い、気にせずダイエットを続けていたのです。

そんなある日、今まで抑えに抑えていた「食べたい」という欲求が、いきなり出てきたのです。

真夜中に冷蔵庫を開けて、そこに入っているものを片っ端から食べたり、コンビニに行って菓子パンを10個も買って、全部たいらげたりしました。

食べた後は自分に対する嫌悪感から、口の中に指を突っ込んで全部吐いてしまうのです。

6か月を過ぎたころから体重は30キロ台になり、生理も完全に止まり、何も食べられなくなったので、恐ろしくなり病院に行ったところ、「あと1週間遅ければ、栄養失調と心臓衰弱で命を落とすところだったよ」と言われてしまいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です