正しくやせるとはどういうことか?

 

自己流の絶食法は危険がいっぱい

「やせるにはとにかくカロリーを減らせばいいんだわ」と言って、自己流の絶食療法をする人がいます。

けれどこれはとても危険なやり方。

体脂肪1キロのエネルギーを使わなければなりません。

若い女性が1日生活するのに必要なエネルギーを2000㌔カロリーとすると、1キロやせるには3~4日絶食しなければならない計算になります。

3キロやせようと思ったら10日間。いくらなんでも、これは危険。絶食療法は、素人が知識のないままに行うと死ぬ危険性もありますので、絶対にやめましょう。

「どうせやるなら美しく健康的に」を心がけましょう。

 


 

燃費の良い体に体質改善していく

カロリーを制限すれば一時的に体重は減るかもしれませんが、ダイエットをやめた途端にまた体重はすぐ元に戻ります。

太っている人はもともと脂肪細胞の数が多いため、インシュリンやリポプロテインリパーゼなど脂肪を合成するホルモンがふつうの人よりも分泌されやすいのです。

一度やせたらもう二度と太らないようにするには、根本的な体質改善をするしかありません。

そのポイントは体の基礎代謝を高めるということ。つまり、燃費の良い体を作ることです。

体中の毛細血管を発達させてエネルギー代謝を活発にし、食べたものがすぐ消費されるように改善していく。

それが、最も健康的で合理的なダイエットといえるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です