ビタミンとミネラルは体に不可欠

 

ビタミンとミネラルは体の潤滑油

いくらたんぱく質がよいといっても、

たんぱく質だけでは体内の代謝活動はうまく働きません。

これには、助酵素として働くビタミンやミネラルが不可欠です。

摂取エネルギーを効率よく燃焼させて消費させるビタミンやミネラルはしっかり取りたい栄養素。

ミネラルは体を構成する成分中にも少し含まれていますが

、ビタミンは体内で合成されないため、食品から取り入れていくしかないのです。

 


 

美容と健康のために野菜を食べよう

ビタミンAは牛乳、チーズ、卵、ノリ、かぼちゃ、にんじんなどに多く含まれます。皮膚、粘膜を健康に保ち、肌を美しくする作用があります。

ビタミンAが不足すると美容にも悪いので、なるべく多くとるように心がけましょう。

ビタミンB1は酵母、胚芽、セロリ、生シイタケ、緑黄色野菜、タラコ、貝類(特に生ガキ)などに含まれ、疲労回復に効果的。ビタミンB2は卵、ベーコン、ほうれん草、にら、プルーンなどに含まれます。

これは発育に必要な栄養素で、不足すると口唇炎や口角炎を起こします。

ビタミンCは病気に対する抵抗力を増強したり、歯や軟骨を丈夫に保つ大事な栄養素。

緑黄色野菜、大根、イチゴ、ミカンなどに多く含まれます。

ビタミンDはいわし、しらす干し、カツオ、マグロなどに含まれ、不足すると骨や歯が弱くなります。

ビタミンEは小麦胚芽、黒パンなどに含まれ、老化防止などの効果があります。

以上のビタミンを毎日豊富にとりよう、心がけてください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です