毎日のバスタイムを利用する。

リラクゼーション&シェイプアップ 

 1日の疲れをときほぐし、心も体もリラックスさせてくれるバスタイム。

じつは入浴中というのは血液の流れがよくなっているし、筋肉もほぐれているので、シェイプアップにはうってつけなのです。

ちょっとしたコツを覚えて、毎日少しずつ、体を引き締めていくよう心がけましょう。


疲れを取りながら引き締め効果も

お風呂の温度は、ややぬるめの38~40度くらい。

発汗作用や新陳代謝を高める作用のある入浴剤、バス・フォームなどを入れて、いつもよりゆっくりつかるように心がけます(20~30分くらい)。

湯船の中では、ばた足やウエストひねりなどのフィットネスを。

水の抵抗があるため、意外な効果が得られます。

またくるぶしやふくらはぎ、太ももなどをマッサージすれば、足の疲れやむくみを取ることもできます。

体を洗うときは、ボディブラシはソフトタッチの使いやすいものを選んで。

気になるおなかや太ももなど、円を描くようにマッサージしましょう。

仕上げに冷たいシャワーを浴びると、気分も体もすっきりします。

お風呂から上がったら、冷たいジュースやアイスクリームは厳禁。

もちろんスナックなども謹んで、体の中の脂肪が燃焼しやすいようにしておきましょう。

入浴することによって消費されるエネルギーは、運動や買い物で消費される量とほぼ同じと言われています。

毎日のバスタイムを有効に活用して、美しいプロポーションを目指しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です