泳ぎたければ水にはいらなきゃ

輝いているから注目されるのではなくて、注目されるから輝いてくるのです。

だから、「人から見られるのはイヤだ。部屋でこっそり瞑想とか何とか、心のトレーニングでもして、自分ひとりで輝けるようになりたい。輝くようになったら人にみてもらおう」など考えるとしたら、それは、「泳げるようになったら水に入るわ。それまではベッドの上で泳ぐ練習をするわ」と言っているのと同じことなのいです。

今輝いていようがくすんでいようが、まずは注目されることに慣れること。これこそが、キラキラ輝くキミを作るためのじゅうような第一歩なのです。

キミが輝くためには、何をおいても、「メンタルマッスル」を鍛えることが最重要課題だということです。

普段、おとなしくしてあまり目立たないキャラクターダッタリ仕事がら人前に出ることが少ないとしたら、たとえば、上司に頼んで会社の定例会議で発表するチャンスをもらったりして、人から注目される機会を意識して増やしてみてください。

これは、キミが思っている以上に重要なことです。

しかし、実際にやってみようとすると、なかなか一筋縄にはいかないものです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です