ネクタイ

人前で話をするだなんで想像しただけでも逃げ出してしまいたくなるような人がいます。

人前で話をするとなると、もう自意識過剰になって、必要以上にガチガチになって、頭の中がクラクラしてきて……言いたいことの十分の一も言えれば上出来な人。

もちろん、好きな子がいても、話しかけるだなんてことは到底できません。相手のほうも好意をもってくれているということが分かっているときにすら、声をかけることができません。

つまり、「メンタルマッスル」が弱いのですね。ちょっと注目されただけで、すぐにへたってしまう。

輝きたい。でも、目立たないままのほうがラクでいいな……。

こんなふうに「こうなりたい自分」と「そうさせまいとする自分」が綱引きをはじめるんですね。

そんな自分を超えるための、もっとも効果がある方法があります

たとえば「ネクタイ」にです。

そう、ネクタイです。

他は今までとまったく同じ自分。でもネクタイだけは、誰が見てもゼッタイに何かコメントしたくなるような、ちょっとだけ珍しいネクタイです。ネコのイラストが入っているヤツとか、ちょっとだけ派手な色使いのモノとか。

高価なブランドのスーツを着たり、髪型を大胆に変えるとか、そうすればダンゼン目立つのだろうけれど、そこまで思い切ったことはしません。ネクタイだけです。

「いつも素敵なネクタイをしてるね」「昨日のもよかったけど、今日のネクタイも個性あるよね」などと、必ずみんなが声をかけてくれるような秘密のネクタイです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です