たとえばダイエットしようとすると…

キミは、輝きたいと思っている。今よりももっと輝きたい。そう思っている。

でも一方では、「注目されたいけど、あまり注目されるのもシンドイなあ」と思ってしまう自分もちょっといる。「輝きたいけれど、輝く自分を維持するためにいろいろとガンバルのも、ちょっとキツいかなあ」なんて。

そうじゃないでしょうか?

輝きたい自分と、面倒くさいなあと思ってしまう自分— どちらもホントウの自分。ありのままのキミです。

それでいいんです。だって、人間の心ってもともと矛盾しているものなんですから。

たとえば、ダイエットしたい。それは本心。でも、カロリーの高いものもたくさん食べたいなあと思ってしまう。

それも本心。

資格を取るために勉強しようと決心する。でも、勉強しはじめると、途端に小説が何かが読みたくなってくる。勉強したいと思うのも自分。そこから逃げようとするのも自分。

大好きなあの人に心を開きたいと思うのも自分でも、好きな相手にほどつい気のない素振りをしてしますのも自分。

キミにも、似たような経験があるはずです。

「どっちがホントウの私の気持ちなんだろう—?」と悩んだことがあるでしょう?

でも、どちらもありのままのキミなんです。

何かをはじめようとすると、それとは反対のほうに自分を引っぱる力が働く。それはキミが弱いからでもズルイからでもありません。

こんなふうにふたつの力の間で綱引きをしながら懸命にバランスを取っているのが人間の心なのです。それが当たり前だし、そういうふうにできているいるのです。

なぜそんなふうにできているのかというと、どんなことも一方に行き過ぎてしまうと悪になってしまうからです。

泳ぎたければ水にはいらなきゃ

輝いているから注目されるのではなくて、注目されるから輝いてくるのです。

だから、「人から見られるのはイヤだ。部屋でこっそり瞑想とか何とか、心のトレーニングでもして、自分ひとりで輝けるようになりたい。輝くようになったら人にみてもらおう」など考えるとしたら、それは、「泳げるようになったら水に入るわ。それまではベッドの上で泳ぐ練習をするわ」と言っているのと同じことなのいです。

今輝いていようがくすんでいようが、まずは注目されることに慣れること。これこそが、キラキラ輝くキミを作るためのじゅうような第一歩なのです。

キミが輝くためには、何をおいても、「メンタルマッスル」を鍛えることが最重要課題だということです。

普段、おとなしくしてあまり目立たないキャラクターダッタリ仕事がら人前に出ることが少ないとしたら、たとえば、上司に頼んで会社の定例会議で発表するチャンスをもらったりして、人から注目される機会を意識して増やしてみてください。

これは、キミが思っている以上に重要なことです。

しかし、実際にやってみようとすると、なかなか一筋縄にはいかないものです。

 

「芸能人のオーラ」の正体

「がんばって自分を磨いて輝けば、人から注目されるようになる」と、キミはそう思っているのではないでしょうか?

しかし、それは間違いです。現実はその反対—。

「輝くから注目される」のでははくて「注目されるから輝く」のです。

もうちょっと詳しく説明させてください。

いわゆる「芸能人のオーラ」なんて言いますが、最初からオーラのある芸能人というのはいません。最初は大した存在感もありません。「こんな程度の人なら、渋谷あたりにいっぱいいるじゃん」なんて、陰で言われたりします。

しかし、芸能活動をするなかで、テレビや舞台などで、たくさんの人から見られているうちに、だんだんとオーラが強くなってきます。普通の人とはどこか違う、存在感のようなものが漂ってきます。

そこには、あるメカニズムが働いているのです。

人から注目されるということは、注目される側にとって、エネルギーを要することです。見る人たちのエネルギーが、見られれる人に文字どおりのしかかってくるのです。

だから、見られる側の人には、見る側の人たちのエネルギーに耐え得るような、いわば「メンタルマッスル(心の筋肉)」が必要になります。

ちょうど腕相撲のようなもので、もし、見る側の人たちのエネルギーのほうが強ければ、見られる側の人は圧倒される状態になります。人前に出て「威圧」されるということがありますが、あれはこの状態のことです。

逆に、見られる人のエネルギーのほうが強ければ、見る人たちのエネルギーが乗っかってきてもそれに耐えられる。むしろ、それ以上のエネルギーで押し返すことができます。

それが「存在感」や「輝き」となって見る人に映るのです。

見られるといっても、ひとりやふたりなら、どうといくことはないでしょう。

普通の仕事をしている普通の人なら、一時的に数十人程度の人たちに注目されるのがせいぜいでしょう。

しかし、芸能人となると、何十万人、何百万人という人たちに、二十四時間、ずっと注目され続けることになる。

これはずっしりとエネルギーがかかります。相当にシンドイはずです。

でも、自分が求めた仕事、夢の舞台ですから、がんばるわけです。

そのがんばりの結果として、普通の人たち以上に、「メンタルマッスル」が強靭に鍛えられていきます。見られることが仕事であるがゆえに、芸能人の「メンタルマッスル」は日々、必然的に強化されていくのです。

これが「芸能人のオーラ」の正体です。

カロリー事典(アルコール飲料)

ダイエット中はできるだけ避けたい飲み物。

アルコールの成分は脂肪に転換しやすい糖質で、しかもカロリーが高い為、今までの苦労が水の泡ということに・・・。

また、アルコールは食欲を増進させるので、食べすぎの原因にもなります。

 


ビール(大瓶1本) 250㌔カロリー 生ビール(大瓶1本) 250㌔カロリー
ドライビール(大瓶1本) 265㌔カロリー ライトビール(350ml) 100㌔カロリー
缶ビール(350ml) 150㌔カロリー 黒ビール(中ジョッキ) 160㌔カロリー
ウイスキー(ダブル) 160㌔カロリー ウイスキー(シングル) 80㌔カロリー
赤ワイン(100ml) 70㌔カロリー 白ワイン(100ml) 75㌔カロリー
ロゼ(100ml) 75㌔カロリー 缶チューハイ(250ml) 140㌔カロリー
焼酎(180ml) 200㌔カロリー 梅酒(30ml) 40㌔カロリー
清酒1級(180ml) 195㌔カロリー 紹興酒(100ml) 70㌔カロリー
ラム(30ml) 80㌔カロリー ブランデー(30ml) 85㌔カロリー
ウォッカ(30ml) 70㌔カロリー ジン(3.0ml) 85㌔カロリー
モスコミュール(200ml) 190㌔カロリー ドライマティーニ(100ml) 250㌔カロリー
マンハッタン(100ml) 150㌔カロリー カンパリソーダ(200ml) 90㌔カロリー
スクリュードライバー(150ml) 130㌔カロリー ダイキリ 160㌔カロリー
ピンクレディ 210㌔カロリー サイドカー 160㌔カロリー
ブラディマリー 210㌔カロリー テキーラサンライズ 240㌔カロリー
ブルーハワイ 190㌔カロリー チチ 140㌔カロリー
マイタイ 60㌔カロリー ウイスキーサワー 240㌔カロリー

カロリー事典(ソフトドリンク)

スポーツ後やお風呂上りについつい飲んでしまいがちですが、含まれている糖分は意外に多いのです。

4~5本の清涼飲料水は砂糖約100gに相当するため、飲みすぎると危険。

また果汁ジュースもなるべく甘味の少ないものを。

 


コーヒー(ミルク入り) 15㌔カロリー コーヒー(砂糖入り) 25㌔カロリー
コーヒー(ミルク・砂糖入り) 40㌔カロリー コーヒー(ウインナー) 130㌔カロリー
紅茶(ミルク入り) 15㌔カロリー 紅茶(砂糖入り) 25㌔カロリー
紅茶 (ミルク・砂糖入り) 40㌔カロリー ココア 140㌔カロリー
コカコーラ(350ml) 137㌔カロリー コカコーラライト(250ml) 42㌔カロリー
スプライト (250ml) 95㌔カロリー ファンタオレンジ (250ml) 115㌔カロリー
ハイシ―オレンジ(250ml) 118㌔カロリー サイダー(250ml) 95㌔カロリー
ポカリスエット(350ml) 84㌔カロリー はちみつレモン(250ml) 150㌔カロリー
クリームソーダ(250ml) 140㌔カロリー カルピスソーダ(250ml) 154㌔カロリー
レモンスカッシュ(250ml) 75㌔カロリー オレンジ100パーセント(250ml) 90㌔カロリー
粒入りオレンジ(250ml) 115㌔カロリー トマトジュース 35㌔カロリー
飲むヨーグルト 130㌔カロリー マイルドコーヒー(250ml) 130㌔カロリー
コーヒー牛乳 100㌔カロリー リアルゴールド 77㌔カロリー
オロナミンCドリンク 76㌔カロリー ファイブミニ 45㌔カロリー
豆乳 130㌔カロリー ウーロン茶 0㌔カロリー
煎茶 0㌔カロリー ほうじ茶 0㌔カロリー
野菜ジュース 40㌔カロリー シェイク 300㌔カロリー
バナナジュース 300㌔カロリー  グレープフルーツジュース  200㌔カロリー

カロリー事典(果物)

ビタミンやミネラル、繊維が多く含まれているため、野菜不足が補えます。

ただ、脂肪に変わりやすい果糖がたくさん含まれているので、食べ過ぎは禁物。

毎日少量ずつなら問題はありませんが、カロリーをきちんと考えて。

 


ミカン(中1個) 30㌔カロリー オレンジ(200g) 50㌔カロリー
ネーブル(1個) 90㌔カロリー 夏みかん(1個) 80㌔カロリー
伊予かん(1個) 70㌔カロリー グレープフルーツ(1/2個) 50㌔カロリー
レモン(中1個) 25㌔カロリー ブドウ(デラウェア1房) 55㌔カロリー
干しブドウ(1カップ) 55㌔カロリー ナシ(中1個) 100㌔カロリー
メロン(1/8個) 10㌔カロリー スイカ(1/8個) 110㌔カロリー
さくらんぼ(10個) 30㌔カロリー いちご(80g) 30㌔カロリー
あんず(生1個) 15㌔カロリー 干しあんず(1個) 15㌔カロリー
柿(1個) 85㌔カロリー 干し柿(1個) 105㌔カロリー
ビワ(1個) 20㌔カロリー イチジク(1個) 20㌔カロリー
黄桃(1個) 90㌔カロリー ネクタリン(1個) 61㌔カロリー
パイナップル(1/4個) 150㌔カロリー バナナ(1本) 90㌔カロリー
干しバナナ(1本) 85㌔カロリー パパイヤ(1/2個) 74㌔カロリー
キウイ(1個) 42㌔カロリー マンゴー(1個) 140㌔カロリー
アボカド(1個) 290㌔カロリー グアバ―(1個) 140㌔カロリー
リンゴジャム(1さじ) 60㌔カロリー イチゴジャム(1さじ) 60㌔カロリー
あんずジャム(1さじ) 60㌔カロリー ミカン缶(100g) 70㌔カロリー

カロリー事典(お菓子)

ポテトチップスやクッキー、おせんべいなどは口当たりが良いのでついつい食べ過ぎてしまいがち。

けれどその中に含まれる塩分や糖分は大変な量。

食べるなら「○枚まで」と決めてからにしましょう。ダラダラ食いは危険です。

 


ショートケーキ 240㌔カロリー チーズケーキ 170㌔カロリー
シュークリーム 240㌔カロリー モンブラン 250㌔カロリー
チョコレートケーキ 300㌔カロリー カステラ 220㌔カロリー
ワインゼリー 80㌔カロリー カスタードプリン 160㌔カロリー
ババロア 190㌔カロリー スイートポテト 190㌔カロリー
ドーナツ 230㌔カロリー ミートパイ 390㌔カロリー
デニッシュペストリー 400㌔カロリー 堅焼きおせんべい(1枚) 90㌔カロリー
クッキー(4枚) 490㌔カロリー 米菓(100g) 380㌔カロリー
スナック菓子(小麦粉系・100g) 490㌔カロリー スナック菓子(コーン系・100g) 520㌔カロリー
みつ豆 170㌔カロリー あんみつ 250㌔カロリー
クリームあんみつ 310㌔カロリー おしるこ 370㌔カロリー
ところてん 5㌔カロリー おはぎ(1個) 200㌔カロリー
草だんご(2本) 300㌔カロリー 大福もち(1個) 180㌔カロリー
草もち(1個) 170㌔カロリー 杏仁豆腐(1杯) 90㌔カロリー
水ようかん(1切れ) 200㌔カロリー 蒸しようかん(1切れ) 240㌔カロリー
まんじゅう(大1個) 230㌔カロリー どら焼き(大1個) 290㌔カロリー
おこし(4切れ) 380㌔カロリー しおがま(4切れ) 360㌔カロリー

カロリー事典(豆類・卵・乳製品)

優れたたんぱく質に富んでいます。

特に卵は8種類の必須アミノ酸をすべて含んでいるので、1日1個は食べたいもの。

牛乳や乳製品は、脂質やビタミン類、カルシウム、リンなどの貴重な供給源。ダイエット中も毎日とりましょう。

 


厚揚げ(1枚) 80㌔カロリー 高野豆腐 60㌔カロリー
おからの炒め煮 180㌔カロリー 金時豆の煮もの 160㌔カロリー
揚げだし豆腐 210㌔カロリー 枝豆(200g) 80㌔カロリー
プレーンオムレツ 110㌔カロリー 茶わん蒸し 90㌔カロリー
卵豆腐 70㌔カロリー 生卵(1個) 90㌔カロリー
ピータン(1個) 110㌔カロリー 牛乳(200ml) 120㌔カロリー
低脂肪牛乳(200ml) 100㌔カロリー 濃厚牛乳(200ml) 145㌔カロリー
コンデンスミルク(30ml) 100㌔カロリー プレーンヨーグルト(150ml) 90㌔カロリー
ヤクルト(100ml) 55㌔カロリー バター(大さじ1杯) 100㌔カロリー
マヨネーズ(大さじ1杯) 90㌔カロリー マーガリン(大さじ1杯) 90㌔カロリー
カッテージチーズ(100g) 100㌔カロリー プロセスチーズ(100g) 100㌔カロリー
ゴーダチーズ(100g) 350㌔カロリー ミルクセーキ(1杯) 200㌔カロリー
ホイップクリーム(100g) 200㌔カロリー バタークリーム(100g) 400㌔カロリー
カスタードクリーム(100g) 180㌔カロリー アイスクリーム(100g) 210㌔カロリー
ラクトアイスクリーム(100g) 170㌔カロリー ヨーグルトアイスクリーム(100g) 170㌔カロリー
ミルクアイスキャンデー(100g) 110㌔カロリー アーモンド(10粒) 70㌔カロリー
きな粉(大さじ1杯) 30㌔カロリー ピスタチオ(10粒) 30㌔カロリー
カシューナッツ(10粒) 90㌔カロリー  ピーナッツ(10粒) 60㌔カロリー

カロリー事典(野菜料理)

ビタミン、ミネラル、繊維など、大切な栄養素を多く含み、しかもカロリーが低いので必ず毎日メニューに入れたいもの。

肥満に大敵の便秘予防にも欠かせません。

なるべくその季節の、旬の野菜を取るよう心がけましょう。

 


にんじんのグラッセ(中1本分) 50㌔カロリー 筑前煮 230㌔カロリー
きんぴらごぼう 90㌔カロリー ふろふき大根 140㌔カロリー
かぶのクリーム煮 280㌔カロリー からしレンコン 160㌔カロリー
ほうれん草のゴマ和え 80㌔カロリー かぼちゃのスープ 280㌔カロリー
白菜のスープ煮 40㌔カロリー ほうれん草のソテー 40㌔カロリー
さやいんげんの白和え 260㌔カロリー もやしのおひたし 20㌔カロリー
なすのひき肉炒め 280㌔カロリー 焼きナス 30㌔カロリー
きぬさやの卵とじ 70㌔カロリー 小松菜のからしあえ 20㌔カロリー
ごぼうの天ぷら(2個) 230㌔カロリー ピーマンの天ぷら(1個) 30㌔カロリー
春菊の天ぷら(1個) 80㌔カロリー レンコンの天ぷら(1個) 30㌔カロリー
オクラの天ぷら(2本) 15㌔カロリー なすの天ぷら(1個) 65㌔カロリー
サツマイモの天ぷら(1個) 40㌔カロリー シシトウの天ぷら(2本) 15㌔カロリー
にんじんの天ぷら(2個) 30㌔カロリー サトイモの煮物 150㌔カロリー
サツマイモの甘煮 180㌔カロリー たけのことわかめの煮物 50㌔カロリー
酢ばす 10㌔カロリー にらの卵とじ 135㌔カロリー
コロッケ(2個) 310㌔カロリー キュウリとなすの即席漬け 5㌔カロリー
リヨネーズ 170㌔カロリー 山芋の酢の物 50㌔カロリー

カロリー事典(魚料理)

青身魚の脂肪には、コレステロール値を下げる働きのあるエイコサペンタエン酸が含まれています。

多く取り入れることで成人病の予防にもなります。

白身魚は脂肪分が少ないので、ダイエット向き。ミネラルも豊富です。

 


刺身の盛り合わせ 180㌔カロリー まぐろの山かけ 130㌔カロリー
ハマチ(7切れ) 320㌔カロリー アジのたたき 180㌔カロリー
タコ刺し(7切れ) 80㌔カロリー サンマの塩焼き 240㌔カロリー
甘塩サケ焼き 120㌔カロリー サバの味噌煮 250㌔カロリー
クラムチャウダースープ 130㌔カロリー アサリのワイン煮 110㌔カロリー
サケのムニエル 420㌔カロリー エビフライ 210㌔カロリー
カキフライ(中1個) 270㌔カロリー シシャモ焼き 90㌔カロリー
ワカサギの南蛮漬け 210㌔カロリー しらすとわかめの酢の物 35㌔カロリー
オイルサーディンのサラダ 100㌔カロリー キュウリとわかめの酢の物 30㌔カロリー
海藻サラダ 60㌔カロリー ひじきの炒め煮 100㌔カロリー
タコとわかめの酢の物 40㌔カロリー もずくの酢の物 30㌔カロリー
わかめと卵のスープ 50㌔カロリー イワシの生姜煮 195㌔カロリー
子持ちカレイの煮魚 229㌔カロリー サケの昆布巻 112㌔カロリー
イカ納豆 68㌔カロリー エビ天丼 700㌔カロリー
キスの天ぷら(1個) 70㌔カロリー アナゴの天ぷら(1個) 120㌔カロリー
いわしのマリネ 250㌔カロリー 白身魚のフリッター 240㌔カロリー
大トロずし(2個) 75㌔カロリー 甘エビずし(2個) 30㌔カロリー
ウニ巻きずし(2個) 40㌔カロリー きゅうりと若円の酢の物 30㌔カロリー