本当に、あなたは太っているの?

「標準体重」ってなあに?

ダイエットをしたいという人の中には、見るからにふくよかな人もいれば「どうしてこの人が?」と思うようなスマートな人もいます。

彼女たちに共通している理由は「標準体重をオーバーしているから」ということ。

でも、ちょっと待ってください。標準体重というのはあくまでも一つの基準。

しかも、身長や脂肪組織の割合などによって、かなりの個人差があるのです。


理想体重は人によって違う

世界的に広く使われている標準体重の算出方法は身長から100をひいたものですが、日本人の場合はそれに0.9をかけます。

例えば身長が160センチの人なら160マイナス100で60、それに0.9をかけて54キロということになりますね。

けれども、これもひとつのめやす。54キロ以上の人がすべて肥満になるのかというと、そうではありません。

それぞれの人の年齢、体質に合った理想体重というのは個々にあるはずなのです。

下記にあるのは、厚生省が発表した「日本人の平均体重表」のグラフです。

これは、実際の日本人の身長に対する体重から割り出された、各年代、性別ごとの「肥満とやせの判定グラフ」です。

ひとくちに平均体重といっても、2.5~5キロくらいの大きな幅があることがわかりますね。

また同じ体重幅があることがわかりますね。

また意同じ体重でも、筋肉質、脂肪体質など体のタイプによって見た目が全く違ってきます。

ダイエットを始める前に、本当に自分が太っているのかどうか、ぜひチェックしてみましょう。


肥満度の計算のしかた

「自分は太っている」と思っていても、果たしてどのくらいのおデブさんなのかはなかなか分からないもの。

そこで、手っ取り早く計算できる方法をご紹介しましょう。

まずブローカー法によって標準体重を計算します。

〔身長-100〕×0.9であなたの標準体重がわかったら、次に肥満度を計算してみましょう。

〔あなたの体重-標準体重〕÷標準体重×100が、あなたの肥満度(パーセント)というわけです。

プラス11~19パーセントは太りぎみ、プラス20パーセント以上は太りすぎで、危険信号内です。

マイナス11~19パーセントはやせぎみ、マイナス20パーセント以上はやせすぎです。