女性の体と脂肪の関係

 

女性がふっくらしているのはお産のため

思春期を過ぎると、男性は筋肉質のがっちりした体になるのに対し、女性はふっくらと丸みをおびたからに変化していきます。

男性に比べると、女性の方が脂肪の比率が高くなっているのですが、これはいったいなぜなのでしょうか?

実はこれは、お産のためなのです。

万が一妊娠中に何らかの理由で3~4日間食べられなくなっても、体の中に余分な脂肪を蓄積しておけば、おなかの赤ちゃんに影響を与えることはありませんね。

また、女性は生まれた後の赤ちゃんに母乳を与えなければなりません。

そのために、女性の体は男性よりも蓄積している脂肪量が多く、ふっくらしているというわけなのです。

 

筋肉と脂肪のバランスを考える

体の中の、脂肪と筋肉の占める割合というのは、男性と女性とでは違っています。

理想的なのは男性は筋肉が85パーセント、脂肪が15パーセント。女性は筋肉が78パーセント、脂肪が22パーセントです。

これが、最も美しい体系だといわれています。

脂肪と筋肉の割合は、年を取るにつれて変わってきます。

つまり、筋肉の割合よりも脂肪の割合の方が大きくなってしまうのです。

特に30歳を過ぎたあたりから基礎代謝量が低下するため、脂肪が蓄積されやすくなり、いわゆる「中年太り」が起こります。女性は男性に比べると脂肪を落としにくい体のつくりになっているので、余分な脂肪をつけないように十分気をつけましょう。

 


◇女性と男性の体の違い

女性は脂肪の割合が多いため、丸みをおびたふっくらとした体つきに

男性は脂肪の占める割合が女性よりも少なく、筋肉質。がっちりとした体形です。

 

男女別の理想体重のうちわけ

 

女性  脂肪  22パーセント  筋肉  78パーセント

男性  脂肪  15パーセント  筋肉  85パーセント

女性の体と脂肪の関係

 

女性がふっくらしているのはお産のため

思春期を過ぎると、男性は筋肉質のがっちりした体になるのに対し、女性はふっくらと丸みをおびたからに変化していきます。

男性に比べると、女性の方が脂肪の比率が高くなっているのですが、これはいったいなぜなのでしょうか?

実はこれは、お産のためなのです。

万が一妊娠中に何らかの理由で3~4日間食べられなくなっても、体の中に余分な脂肪を蓄積しておけば、おなかの赤ちゃんに影響を与えることはありませんね。

また、女性は生まれた後の赤ちゃんに母乳を与えなければなりません。

そのために、女性の体は男性よりも蓄積している脂肪量が多く、ふっくらしているというわけなのです。