ダイエット体験記 (21歳 女性)

私のバランス・フード (ダイエット)

▲月▽日 「無理なく自然にやせられる」というので今日からトライ。

今の体重は54.5キロで、目標体重は53キロ。

あと1.5キロやせられたら、この間買ったドレスを着て憧れのK君とデートするつもり。

朝7時に起床して、7時30分朝食をとる。

メニューはキャベツのお浸し、鶏ささみの刺身、納豆、しらす干しのふりかけ、麦ごはんにお味噌汁。12時20分、昼食。

ほうれん草のおひたし、ささみの塩焼き、麦ごはん。

夕食は8時30分。焼き肉、煮豆、ヒジキ、お吸い物をいただいた。

9品目を意識して取ろうと思ったら、ちょっとカロリーオーバーしてしまった(2000㌔カロリー)。


▲月▽日 バランス・フードを1週間続けているせいか、最近はあまり甘いものを食べたいと思わなくなった。以前は食べたくてしょうがなかったのに。

メニューを考えるのも、前より難しくなくなった。

コツを覚えてしまえば9品目をバランスよくとるのは結構簡単。


▲月▽日 お友達との付き合いでドーナツや肉まんを食べてしまうこともあるけど、頑張って9品目を取るようにしている毎日。

今日体重を量ったり、なんと4週間目にして53キロに減っていた。

自分ではそんなに無理をした覚えはなく、ただバランスよくなんでも食べるように努力しただけなのに。

これで、やっとあのドレスが来られる。

最近は友達からも「やせてきれいになったね」なんて言われるし、バランス・フードをたってみて本当に良かったと思う。

マッサージで本当にやせられるか?

お金をかけたはいいけれど・・・・・

最近ではどの女性誌を見ても必ず掲載されているのがエステティック・サロンの広告。

「全身シェイプアップ」「下半身をスリムに」などというさまざまなキャッチフレーズのもとに、マッサージや超音波・低周波トリートメントなどが行われているようです。

費用の方もなかなかバカにならず、一回で払うのは無理なのでローンで何回にも分けて払う、というのが一般的。

でもお金をかけたはいいけれど、果たしてマッサージというのは本当にやせる効果があるのでしょうか。

答えはどうやら「ノー」のようです。

 

エステ・サロンに期待しすぎない

確かにマッサージした後、その部分のサイズを測ってみると、数センチほど細くなっていることがあります。けれど早合点は禁物。

皮下脂肪の脂肪細胞は、飢餓に備えてエネルギーをためておく貯蔵庫なので、大変がんじょうに作られているもの。皮膚の上から刺激を与えたとしても、そんなに簡単に脂肪細胞が壊れることはないのです。

一時的に細くなったのは、マッサージした部分が圧迫されて、水分がほかの場所に移動しただけのこと。時間がたてば、また元通りに戻ってしまいます。

マッサージは、固くなった筋肉をほぐしたり、心身をリラックスさせるには効果があっても、シェイプアップにはほとんど効果はないと思った方がよいでしょう。

施術を受けただけでやせられるような宣伝文句をうのみにするのは危険です。

マッサージの目的は心身をリラックスさせること

 


ポイント

  • 正しいダイエット知識を持とう
  • 生野菜のサラダだけではやせられない
  • 中国茶の利尿作用でむくみが取れる
  • たばこは食欲を抑えてくれるが不健康
  • ラップ巻でやせることはできない
  • マッサージで脂肪がとれることはない

ラップ巻は効果があるか?

汗をかいてもやせたわけではない

ジョギングのスエットの下やエアロビのレオタードの下に、ウエストやふとももを引き締めようと、

食材用のラップを巻いたことはありませんか?

なるほど運動を終えてラップを外してみると、その部分が汗でびっしょり。

何となく、水分が発散して細くなったような気がするものです。

実際に体重計にのってみると、2~3キロ減っていることもありますが、実はこれでは本当にやせたことにはならないのです。

 

心臓に負担がかかることもある

体内の水分が流出して一時的に体重が減ったとしても、体の脂肪やぜい肉が溶け出したわけではありません。

のどが渇いたからと言って水を飲めば、またすぐに体重は元に戻ってしまうのです。

またラップ巻はダイエットに効果がないばかりでなく、体に負担もかかります。

人間の体は運動をすると体温が上昇します。

汗をかくのはその運動で生じた熱を冷まし、体温を一定に保つためなのですが、それをラップで包んでしまうと、汗が蒸発できないためどんどん体温が上昇していき、オーバーヒートしてしまうことになります。

さらに無理して続けていくと、今度は心臓に負担がかかり、悪くすると心臓発作を起こしてしまうことも。

減量用のウエットスーツやサウナスーツなども、ラップ巻と同様の状態になるので注意が必要です。発汗によって体内の水分が失われ、一時的に体重が減ったとしても、脂肪が経て減量に成功したわけではないのです。

 

サウナは水分を排出するだけ

サウナでひと汗かいた後は身も心もさっぱりして、心なしか体がやせたような気がするものです。

でもこのサウナ、ダイエット上の効果はラップ巻とほとんど同じ、汗をかいて水分を排出し、一時的に体重が減ったとしても、水分を補給すればまたすぎもとに戻ってしまいます。

「サウナの後の冷たいジュースやビールは格別」などと言ってゴクゴク飲んでいると、カロリーが高いためかえって逆効果、ということも。

また、サウナは心臓にも多少の負担がかかるので、体調の悪い時や寝不足のときなどは絶対にやめましょう。調子の良い時にほどほどに、が大切です。

 

たばこを吸うと本当にやせる?

確かに食欲はなくなるけれど・・・

「たばこを吸うとやせる」という理由で喫煙している女性は結構多いものです。

確かに煙草のニコチンは意を荒らし、胃の消化吸収能力を減退させたり、舌の感覚をマヒさせて味覚を鈍らせますから、食べ物がおいしくなくなり、一時的に食欲がなくなります。

最近行われたスイス・ローザンヌ大学の実験データによると、1日2.4本タバコを吸う人は、吸わない人より10パーセントもエネルギーをより多く消費していることがわかりました。

たばこを吸うグループは心拍数が20パーセント増加、ノルアドレナリンが45パーセントも増加したのですが、これらは消費エネルギーのこう進をもたらすのです。

 

肥満より恐ろしい病気を引き起こすことも

それでは「たばこを吸うとやせる」というのは、事実なのでしょうか。けれど、あなたの周りにいる喫煙者の人がすべてやせているわけではないはずです。つまり、喫煙は食欲を減退させこそすれ、直接ダイエット効果をもたらすものではない、ということです。以上のことから考えると「たばこをやめると太る」ということは言えそうです。事実、タバコをやめたことで舌の感覚が正常に戻り、食べ物がおいしく感じられてつい食べ過ぎたり、口さみしいためにキャンディやガムをつまんだため2~3キロ太るという話はあります。けれどたとえ喫煙して数キロ太ったとしても、たばこによって引き起こされるさまざまな病気にかかるよりははるかにましです。

 

 

たばこは一時的に食欲を抑えるだけ

たばこはなぜ体に悪いの?

たばこの害で最も代表的なのは、喫煙者の肺がん死亡率が非喫煙者の4.1倍高いということ。また、喉頭がんなどは何と20.3倍。

がんにはならないまでも、たばこを吸う人は動脈硬化にかかりやすく、特にコレステロール食を食べていない人でも、たばこを吸っていれば冠上動脈が硬化することがウサギや猿の実験ですでに確認されています。

また、たばこを1本吸うと、体内のビタミンCが25ミリグラムも消耗されることに。このことで風邪をひきやすくなったり、感染所に侵されやすくなったりと、様々な弊害が起こるわけです。やはり、体のためには吸わない方が・・・・・。

ソフトドリンクのカロリー表

ソフトドリンクのカロリー表
日本茶 麦茶 ウーロン茶 ジャスミン茶  0㌔カロリー
コーヒー 紅茶(ミルク、砂糖を入れなければ0㌔カロリー)  0㌔カロリー
牛乳(コップ一杯)  60㌔カロリー
果汁100パーセントジュース  90㌔カロリー
果汁入り清涼飲料水(250ml)  120㌔カロリー
コーラ(350ml)  140㌔カロリー
コーヒー飲料(250ml)  120㌔カロリー

中国茶は脂肪を溶かしてくれる?

体を温めてくれる中国茶

東洋医学では日本茶、紅茶、コーヒーなどは陰性のお茶(体を冷やす)、減肥茶やウーロン茶などの中国茶は陽性のお茶(体を温める)と考えられています。

陽性のお茶の良いところは、冷え性の女性に特有の、腎臓機能の低下に対してよい働きをもたらしてくれるところです。

最近はちょっと喉乾くと、冷たいジュースやアイスクリームなどを冷蔵庫から出して口にする傾向が強いのですが、これでは体が冷える一方。

もともと冷え性の女性はさらに体が冷え、血行が悪くなってしまいます。

その結果、腎臓から排泄されるべき毒素が下半身にため込まれてしまい、むくんでしまうというわけです。

むくみがひどい場合は、なんと体重が5キロから10キロも増えるということがあります。

 

利尿作用でむくみを取る。

陽性の温かい飲み物には利尿作用があり、毒素をスムーズに排泄してくれるため、長い期間のみ続けていると、むくみが取れてくるのです。

ここで気を付けておきたいのは、中国茶そのものにダイエット作用があるのではないということ。

よく脂っこい中国料理を食べた後には「中国茶を飲んで脂肪を溶かしてしまおう」と言われますが、中国茶に積極的な作用があるわけではありません。

脂っこい料理を食べた後に厚いお茶を飲めば口の中がさっぱりするので、何となくやせられるような気がする、というだけなのです。

調味料のカロリー比較

調味料のカロリー比較
(大さじ1杯あたり)
砂糖  30㌔カロリー
 0㌔カロリー
しょうゆ  0㌔カロリー
みりん  40㌔カロリー
みそ  30㌔カロリー
トマトケチャップ  25㌔カロリー
マヨネーズ  90㌔カロリー
 115㌔カロリー
バター  100㌔カロリー
ジャム  60㌔カロリー
料理酒  15㌔カロリー
ウスターソース  15㌔カロリー
中農ソース  20㌔カロリー
フレンチドレッシング  55㌔カロリー

生野菜のサラダで本当にやせる?

「生野菜」にはワナがある?

「ダイエットをするなら生野菜サラダを食べること」というサラだ・ダイエットがひとところはやりました。

なるほど生野菜ならカロリーは低いかもしれません。

けれども実は、このダイエットには大きな落とし穴があることをご存知でしょうか。


体が冷えるとやせられない

美しくもられたサラダをフォークで上品に食べる姿をオフィス街のレストランなどでよく見かけますが、材料に使われるトマト、レタス、セロリやキュウリといった生野菜は、人間の体を冷やします。

体が冷えると血行が悪くなって貧血状態になります。

血液中のヘモグロビンは酸素を運搬して食べたものをエネルギーに変えるのですが、貧血になると、このヘモグロビンが不足して、エネルギー代謝が不活発になります。

すると食べた栄養分はうまく消費されずに、脂肪になってたまってしまうというわけです。

「貧血の人はやせている」というのは大きな間違いで、実は太った人に貧血の人が多いということを覚えておきましょう。

また、生野菜ばかり主食のように食べているとたんぱく質が不足して、体の筋肉や顔の皮膚の新陳代謝も悪くなり、肌の色が悪くなってきます。

トマトやキュウリだけでは食物繊維が不足するため、便秘にもなります。

すると顔にシミができたり、ウエストが太めになったり、肩こりが取れなかったりと、様々な症状が出てくることに。

やはり生野菜だけでは、非常にバランスが悪いのです。

ピルを飲むと太る?

傾向避妊ピルを飲むと、卵巣ホルモンの中の食欲を抑える作用も同時に抑制されます。

そのため食欲が出て、以前より太りやすくなるというわけです。

ピルには解決されていない副作用の問題があるため日本ではまだ解禁されていませんが、

医師の処方を受けて服用している人は約80万人いるといわれています。

安易なダイエット法は危険がいっぱい

 

調子の良い宣伝文句に騙されない

10代から20代の女の子に共通するひそかな望みというのは、スリムなプロポーションになること。

「あと5キロやせて洋服がなんでも似合うようになりたい」と、ほとんどの人が考えています。

そうした願望に対して、ちまたには様々なダイエット・フードや痩身器具、やせ薬、ボディスーツなどが出回っています。

その数は何と100種類以上。

また「こうすればやせられる」「私はこうして10キロやせた」などというタレントの体験記も、

女性週刊誌などの記事を頻繁ににぎわせています。

そうした「誰でも簡単にやせられる」という売り言葉をうのみにして、科学的な根拠のないダイエットにトライする女性たちは後を絶ちません。

けれど、100人のうちに成功した人は、いったい何人いるのでしょうか。

またたとえやせたとしても、本当に健康的に美しくやせられるのでしょうか。


安易な考えで手を出さないこと

雑誌などに乗っている減量法やタレントの体験記は、自己流にまねをすると大変危険です。

成功例というのは、うらやましさもあって多少オーバーに伝えられるのがふつう。でもそれは100人のうち1~2人のことです。
残りの98~99の人たちの挫折や失敗は伝えられないことが多いのです。

ここで覚えておきたいのは、ダイエットというのは薬や器具などで行えるものではないということ。

安易な考えで手を出すと、取り返しのつかないことも起こり得ます。

 


さて、効果のほどは……

コンニャク・マンナン

ノンカロリーで満腹感を得やすいという点では理想的と言えそうですが、これそのものに体脂肪を減らしたりする作用はありません。

ダイエットする場合にはほかの食品と組み合わせて。


粉ミルク

体にはやさしいけれど、最低限の栄養分しか含まれていません。

単品だけのダイエットは非常に危険なのでやめましょう。

牛乳でアレルギーを起こす人にはお勧め、という程度。


ベビーフード

ほとんどがペースト状なので歯ごたえがなく、満足感が得られません。

また消化もよいのですぐにおなかがすいてしまい、逆効果になることも。大人にとっては、これだけでは栄養不足に。


果物

食物繊維が豊富でビタミンCがたっぷりの果物は、健康的なダイエット食品とみられているようですが、果糖1グラムに含まれるエネルギーは何と4キロカロリー。

決してローカロリーではありません。


やせ薬

やせ薬のほとんどは利尿剤や下剤。

体内にある水分が大量に排出されるだけで、2キロ程度の体重変化は起こりますが、蓄積された脂肪の量が減ったわけではないので、本当にやせたとは言えません。


通信販売

「みるみるやせる」という大げさな広告に惑わされてしまうのは禁物。

その商品の安産性や効果は、広告の紙面からはわかりません。

もしトラブルが発生しても、解約の手続きは大変めんどうです。

 

 


 

ビタミン剤は体によいか?

「ビタミン剤は副作用がないから安心」という人がいますが、キャンディをなめるように頻繁に口にいれたりするのは禁物。

例えばビタミンCをやたらに取れば、体の中にシュウ酸カルシウムができやすくなり、これらが腎臓や尿管を通るとき、結石を作る危険性が高いのです。

それに保存にも限度があって、ビタミンCの錠剤は1年で効力が半減。

乳糖などのアスコルビンサンは、長い間ほおっておくと、有害物質に変化することもあります。

ビタミンはあくまでも栄養素のひとつですから、これだけを完璧にとっても、ほかの栄養が不足していては意味がありません。

やはり、普段の食事が大切です。